インドネシア発! お掃除女子の憂鬱!? 片づけられないイケメン王子との胸キュン同棲生活―『私と恋するナマケモノ / 1』

投稿日:
%e7%a7%81%e3%81%a8%e6%81%8b%e3%81%99%e3%82%8b%e3%83%8a%e3%83%9e%e3%82%b1%e3%83%a2%e3%83%8e
作者:アニサ・ニスフィハニ
タイトル:『私と恋するナマケモノ / 1』
制作国:インドネシア
ジャンル:学園/恋愛
ページ数:162ページ

主人公のアリンは高校生。学業の傍ら、のんびり屋の母と一緒に下宿屋をきりもりしている。特技は掃除。何もかもがピカピカになっていないと気が済まない、そんな年の割には堅実すぎる乙女。

namakemono1
主人公アリン。一見マンガ風だが、微妙に異質な要素が入ってる1コマ目が楽しい。海外マンガの醍醐味である。
namakemono2
怒涛のお掃除。

ある日、彼女の下宿に何の前触れもなく超絶イケメンが舞い降りる。彼の名はアルファン。実はアリンの同級生で、イケメンの上に成績優秀、さらにバスケ部のエースというハイスペックぶり。もちろん学校一のモテ男。当然性格は悪い。

namakemono3
突如アリンの前に現れたイケメン、アルファン。

だが、彼には唯一欠点があった。そう、彼は片づけられない男だったのだ。

namakemono4
片づけられない男アルファンの部屋。

アルファンの父親はアリンの父親の上司。アルファンのだらしなさにほとほと手を焼いた両親が、アリンのお掃除女子ぶりを聞きつけ、息子の面倒をアリンに押しつけてしまうことにしたのだ。こうして、ひとつ屋根の下、うら若き男女の共同生活が始まる。校内一のイケメン王子の傍若無人な振る舞いに、ことあるごとにイライラ、ドギマギし、翻弄されまくるアリン。どうなるアリン!?

namakemono5
夜食を渡さないとキスをするというまさに「ええええ??」なアルファンの行動。

いや、これ楽しすぎでしょ。海外の作家が描いた日本マンガっぽいマンガは、日本人からするとどこかしら違和感があるものだが、この作品ではその違和感がいい感じに振り切れている。随所にツッコミポイントがあるのだが、それがマンガとして笑えるようになってるのがすごい。これは翻訳がいいのか、そういう箇所のセリフがまた、読者のツッコミを事前に察知したかのような感じになっていて、思わず笑っちゃうのである。

namakemono6
アルファンの汚部屋を目の当たりにし、お掃除モードに覚醒するアリン。こっちのセリフだとツッコミたくなる劇画タッチのアリンのセリフ。

だが、このマンガは決してギャグマンガではない。『ストップ!! ひばりくん!』とか『らんま1/2』といった居候ものの遺伝子を受け継ぎつつ、隙あらば『君に届け』的な胸キュンまでやってしまおうという、王道的な学園ラブコメマンガなのだ。日本から遠く離れたインドネシアで日本マンガタッチのラブコメが……。と考えると、感動もひとしおな一作である。実際、この作品、最初から最後まで、ニヤニヤ、キュンキュン、オイオイが止まらない、とてもラブコメらしいラブコメなのだ。一応第1巻ということになっていて、続きもあるっぽいが、ストーリーはこれ1巻でもある程度完結している。日本の目の肥えた少女マンガ読み、ラブコメ読みには、絵の粗さが気になってしまうかもしれないが、そこは青田買いくらいの気持ちで、まずは試し読みしてみてはいかがだろう。

namakemono7
作者のアニサ先生、かわいい。

レビュアー:原正人
作品紹介 無料試し読み

コメント コメントを追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です