偽装宦官少年vs偽装宦官少女? 偽りと倒錯の後宮へようこそ―『緋色の王宮 / 1 ―蝶の夢―』

投稿日:
%e7%b7%8b%e8%89%b2%e3%81%ae%e7%8e%8b%e5%ae%ae
作者:依歓(イ・ホァン)
タイトル:『緋色の王宮 / 1 :蝶の夢』
制作国:台湾
ジャンル:恋愛/歴史/ミステリー
ページ数:177ページ

戚(せき)国で貧しい生活を送る陵鈺(りょうぎょく)は、父母もなく、兄と二人暮らし。陵鈺が少女に身をやつし、奴隷商人に身売りするふりをして、金を騙し取ることを生業としている。

hiiro_1
陵兄弟。右が弟の陵鈺。

そんなある日、いつも通り奴隷のふりをしていると、彼らは、戚(せき)国に囚われの身となっている淀(でん)国の王子、珣(じゅん)と出会う。珣は、気位こそ高かったが、何やかやと尽くしてくれる陵兄弟に感謝の念を抱く。

hiiro_2
淀国王子、珣。

やがて、淀国の王が死に、珣がその跡を継ぐことに。珣は母国に陵兄弟を連れて行こうとするが、兄は生まれ故郷である戚国に留まることを決意する。しかし、弟の陵鈺は、珣が自尊心を捨ててまで、自分の同行を求めていることを感じ取り、彼についていく決意をする。若干13歳で戚国王位を継いだ珣は、その3年後、戚国を滅ぼすことになる。

hiiro_3
陸橋の上から珣の馬車に飛び降りる陵鈺。ロマンチックー。

それからさらに3年。珣(じゅん)が淀(でん)国の王に就いて6年が経とうとしていた。今や珣は暴君として誰もが怖れる存在に。陵鈺(りょうぎょく)はと言えば、敵国戚の生まれでありながら、王に対して忠誠を誓うことを示すために宦官となり、王宮の二人の実力者の内のひとり「少府」として、絶大な権力を握っていた。噂では王はもはや珣の言葉しか聞かないというほど。

hiiro_4
立派なイケメンに成長した「少府」陵鈺。ただし宦官。

そして、もうひとりの実力者が、「王后少府」を務める名門「景(けい)家」の淵人(えんじん)。やはり宦官である。

hiiro_5
陵鈺のライバル景淵人。

淵人は、淀国における景家の地位を盤石なものにすべく、一族の末娘、寧湖(ねいこ)を王后にすべく、一計を案ずる。それは、周囲の目を逸らすために、寧湖をまずは宦官として後宮に迎え入れ、王に近づく機会をうかがうというものであった。

hiiro_6
宦官と偽り、陰謀渦巻く王宮に連れて来られた寧湖。純粋無垢で、思いやりのあるいい子。

かくして、寧湖は、少女の身を宦官と偽り、後宮を牛耳る少府陵鈺(りょうぎょく)と王后少府淵人(えんじん)の権力闘争に巻き込まれることになる。ところが、鋭い感を持つ陵鈺は、やがて、寧湖の正体に気づいてしまったらしい。一族のためにと、危険を顧みず性を偽り後宮に入り込んだ寧湖は、思わぬピンチを迎える。ところが、やがて読者は驚くべき事実を知ることになる。陵鈺もまた宦官ではなく、正真正銘の男だったのだ。その事実を知った陵鈺の親侍は、陵鈺の手で廃人にされてしまう。そして、陵鈺は新しい親侍として、寧湖を指名することになるのだった……。

hiiro_7
寧湖に服を脱げと迫る陵鈺。どうなる寧湖!?

つーことで、なかなか複雑な設定の本作『緋色の王宮 / 1 ―蝶の夢―』。最大の見どころは、偽装した宦官である少府陵鈺(りょうぎょく)と、そのライバル淵人(えんじん)が送り込んだ、やはり偽装した宦官である寧湖(ねいこ)の絡み。豪華絢爛な後宮を舞台にしたトランスベスティズム(異性装)の饗宴。宦官たちのところにフツーの女と男が入り込んでいるもんだから、「あ、見えちゃいそう」とか「あ、触っちゃダメ」とか、ハラハラドキドキの連続。陵鈺は寧湖が女であることに気づいてるっぽいけど、寧湖はまだ陵鈺が男であることには気づいていないっぽい。身分の違いもあり、当然寧湖のドキドキは高まるばかり。そんな寧湖に陵鈺がいろいろとちょっかいを出す……。幼い頃、あんなにいい子だった陵鈺は、今やすっかり妙な色香を漂わせたミステリアスな偽宦官となり、後宮で暴虐の限りを尽くし、寧湖を翻弄するという構図。そういや陵鈺は、いいヤツだったとはいえ、幼い頃から既に、女装して奴隷商人から金を巻き上げるようなヤクザな男でもあったんだっけ。危うく騙されるところであった。

それにしても、何だって陵鈺は宦官のフリを? 今のところ、偽装宦官は陵鈺と寧湖だけだが、実は他にもいたりして? つーか王は若かりし頃の姿しか描かれてないが、どんなヤツになっちゃってんの? そういや、陵鈺の兄ちゃん、今ごろ何してっかなー? そして、寧湖たんの操やいかに!? 肝心要なことはまだ1巻では明らかにされてはいない。続きが気になってもやもやするが、これってちゃんと2巻出んの?

レビュアー:原正人
作品紹介 無料試し読み

コメント コメントを追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です