ガイマン賞2016、投票〆切は11月30日(水)まで!

読者が選ぶ翻訳海外マンガアワード「ガイマン賞」をご存じでしょうか? 2012年に始まり、今年で5回目を数えます。 http://gaiman.jp/ ガイマン賞2016のノミネート作は過去最多の179点。アメコミ、バンド・デシネ、アジアのマンガなど、2015年9月1日から2016年8月31日までに邦訳出版された、世界各国のさまざまなマンガ=ガイマンがノミネートされています。10月1日から始まった投票も、早いものでまもなく〆切となります。 投票〆切は11月30日(水)23時59分59秒。 ガイマン賞2016の投票は、WEBとガイマン賞開催施設である京都国際マンガミュージアム、明治大学 米沢嘉博記念図書館、北九州市漫画ミュージアムの3館で行うことができます。WEBからの投票については、ガイマン賞のブログで詳しく説明されていますので、よくわからないという方は以下をご覧ください。 http://blog.gaiman.jp/post/153349375154/%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%B3%E8%B3%9E2016web%E6%8A%95%E7%A5%A8 ちなみにコミックカタパルトの電子書籍25作品もガイマン賞2016にノミネートされています。ノミネートリストはこちらをご覧ください。 http://gaiman.jp/nominate/denshi/index.html 以下の作品については、このサイトでもレビューしています。 ROCKAT『無名歌』 張季雅『異人茶跡』 常勝『BABY.』 常勝『オールドマン』 MAE『203号室の妖怪さん』 簡嘉誠『時空鐵道之旅(じくうてつどうのたび)』 依歓『緋色の王宮』 リシャール・マラザノ作、クリストフ・フェレラ画『ミロの世界』 ジャン=ダヴィッド・モルヴァン作、ファン・ジャーウェイ画『ZAYA』 ウベルテゥッス・ルフレット作、ヘルゲ・ヴォット作・画『アリスク』 アニサ・ニスフィハニ『私と恋するナマケモノ』 結果は12月上旬に発表されるとのこと。 12月17日(土)には、その結果発表を踏まえ、ガイマン賞2016を振り返るイベントが米沢嘉博記念図書館で行われます。 ガイマン賞2016結果発表! 出演:上位作品関係者、ガイマン賞実行委員会 日時:2016年12月17日(土) 16:00-17:30 場所:米沢嘉博記念図書館 2階閲覧室 料金:無料 ※会員登録料金(1日会員300円~)が別途必要です。 http://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/archives/t_event79.html はたしてガイマン賞2016の上位に選ばれるのはどの作品なのでしょうか? あなたもぜひ投票して、ガイマン賞に参加してみてください!

10月23日(日)は海外マンガフェスタへ!

もはや秋の風物詩と言ってもいい海外マンガの祭典「海外マンガフェスタ」。今年もまたその季節がやってきました。 海外マンガフェスタ 日時:10月23日(日)11:00~16:00 会場:東京ビッグサイト 東1ホール http://kaigaimangafesta.com/ そもそも海外マンガフェスタって何じゃ!?というそこのあなた! ですよね~。 サイトには一応こんな説明があります。 海外マンガフェスタ2016 ですが、これだけだとあんまりよくわかりません。 じゃあ、海外マンガフェスタとはどういうものなのでしょう? 一度でもご来場いただいた方は既にご存じかと思いますが、海外マンガフェスタとは、まさに冒頭で述べたように海外マンガの祭典であり、日本のマンガと海外マンガをつなぐ懸け橋なのです。 海外マンガフェスタが始まったのは2012年。今年ではや5回目を数えます。年に4回行われている「コミティア」という自主制作漫画誌展示即売会がありますが、海外マンガフェスタは、2012年以降、そのコミティアの秋の回(10月か11月)の一角で行われています。入場に際しては、コミティアと同じように『ティアズマガジン』(1,300円)が必要になります。 たった一日だけのイベントで、時間も11時から16時と5時間しかないのですが、その中に海外マンガにまつわるいろんなものが詰まっています。来日した海外作家と日本人マンガ家によるトークイベント、出版社をはじめとする企業ブースで行われる物販、来日海外作家のサイン会、海外や日本のアーティストが同人誌やグッズ、オリジナルイラストを販売するアーティストアレイ、大学や専門学校など、マンガの教育機関のスペース、「ガイマン賞&海外マンガライブラリー」……。もちろん出展者には海外の方が多いですから、勇気を出して外国語で話しかければ、いとも簡単に異文化交流ができちゃいます。 事前にサイトをざっと見ておいて、具体的にはどんなイベントが行われるのか把握しておくといいかもしれません。来日作家のサイン会も実はいくつも行われたりします。先着順だったりする場合もありますから、要注意ですよ。 http://kaigaimangafesta.com/ 当日会場では「海外マンガフェスタカタログ」を500円で販売するそうです。販売場所は「イベント本部」とのこと。当日はこれがあったら便利かもしれませんね。 会場マップはこちら。大まかなサイン会情報も下のほうにまとめられています。   海外マンガフェスタカタログ販売! 右上のほうにステージが見えますが、ここで行われるのが海外マンガフェスタの中心の一つであるトークイベント。今年行われるトークは全部で4つ。海外のゲスト、日本側のゲストともに豪華ですので、ぜひお見逃しなく! 11:00~12:00 Be The HERO 出演:高橋陽一先生 12:20~13:20 トークライブ① 常勝(チャン・シェン) VS カネコアツシ 13:40~14:40 トークライブ② カール・カーシル VS アイヴァン・ブランドン VS スティヴァン・カミングス VS ジム・ザブ VS アリー・ロム・コルソフ VS マット・フォーサイス 15:00~16:00 トークライブ③ バラック VS バスティアン・ヴィヴェス VS ミカエル・サンラヴィル VS 寺沢武一 トークライブの詳細についてはこちらをご覧ください。 TALK LIVE 2016 ちなみにトークライブ①に登場する常勝(チャン・シェン)さんの作品はこのサイトで2つともレビューしています。日本語版が電子書籍で読めますので、この機会に読んでみてはいかがでしょうか? 『BABY./ 1』 『オールドマン/1』 ちなみに海外マンガフェスタでは、数量限定で、この2作品の冊子(日本語版+中国語版のセット)を数量限定で販売します。サイン会もありますので、こちらもお見逃しなく! サイン会情報:“常勝”サイン会@コミックカタパルトブース! 海外マンガフェスタについて大体のところはおわかりいただけましたでしょうか? 企業ブースやアーティストアレイの詳細については、ぜひあなた自身会場を歩いて発見してください。思ってもみなかったステキな出会いがあるかもしれませんよ。