2010年代のアジアン・マトリックス―『クリサリス / 1』

この世の中には2種類の人種がいる。 『マトリックス』が好きな人間と、それ以外だ。 ここでいう『マトリックス』とは、当然ウォシャウスキー兄弟(後に姉妹)監督作品『マトリックス』とそれに連なる同シリーズのことである。1999年の映画第一作が公開されるや否や、そのビジュアルの持つ圧倒的な革新性でマトリックスの影響は全世界に広がった。 特に一部の感受性の高い若者が次々にマトリックスに”感染”し、その影響は目に見えてあらわれた。症状はそれぞれ人によって異なるが、報告されている中でも代表的なものを以下にあげる。 症例1:全身黒尽くめのファッションを好む様になる(ロングコートなど) 症例2:真っ黒なサングラスをかけたがる(努めて表情は殺す) 症例3:両手にエアガンを持って鏡の前でポーズをつけたがる(SMGでも可) 症例4:マーシャルアーツにかぶれだす(ボクシングやレスリングは不可) 症例5:突然実存的な面倒くさい事を言い出す(学校の友達に) 上記のような個人レベルの感染も凄まじい勢いで広がっていたが、メディアやその他の映像作品に対する感染の度合いも深刻であり、結果的にこれが個人への感染速度をより速める事になった。当時映像メディア等で多くみられたマトリックス的症状は以下の通りである。 症例1:高速度撮影やマシンガン撮影を用いたようなバレットタイム演出 症例2:発射された弾丸が大気をゆがめて飛んで行く弾道表現 症例3:人間があり得ない格好で仰け反って、何かを避けるエビ反り演出 症例4:宙を舞うようなワイヤーアクション 症例5:高い場所からの自由落下からの見事な三点着地 以上の症状は単にマトリックス感染症のごく一部の発症例であり、また『ジョン・ウー病』や『攻殻機動隊病』との合併症の可能性も高いので、一概にマトリックスのせいだけとは断言できないので注意が必要である。 しかし、その感染のあまりの広がりゆえか人々に抗体が備わるのも早かった。それらの革新的と思われた表現は、あっという間に手あかにまみれたものとなり、感染力は一気に低下。3部作が完結する頃には消費され尽くして、マトリックスはすでにパロディーのネタ元意外の何ものでもなくなっていたのである。 だがどんなにこすり倒されても、マトリックスはまだ死んでいなかった。三部作の完結から10年以上の時を経て、潜伏していた遺伝子が予想もしていなかった方角…インドネシアからやってきのだ! 2010年代のマトリックス。それがこの『クリサリス』という作品である。細かいストーリー等はとりあえずちゃぶ台の脇にうっちゃっておいて、とにかくこの物語の主人公エデンの姿を見て欲しい。 サングラス、無表情、黒スーツ、三種の神器を備えた完璧な主人公。まるでキャリー=アン・モスが演じたヒロイン『トリニティ』に、サンバルとココナッツミルクをぶっかけたような、潔いばかりのマトリックス・ファッションである。 さらに物語全編で展開されるアクションシーンでは、高速度撮影演出、空を裂く弾道表現、エビ反り、三点着地を次々に披露。そのてらい無く投入されるマトリックス演出は、読む側にある種の爽快感さえ呼び起こすだろう。 ほぼアクションを見せる事に終始した『クリサリス』の第1巻。続く2巻目からは謎のエージェントエデンの素性も徐々に明かされていくことになるだろう。しかし望むべくは、続刊でもマトリックス感を失速させる事無く、大仰なアクションを画面一杯で思う存分展開していただきたものである。 レビュアー:うしおだきょうじ 作品紹介 無料試し読み

【まとめ】世界のマンガについてゆるーく考える会 #4

11月10日(木)に行われた「世界のマンガについてゆるーく考える会#4」いかがでしたか? 今回は、自己紹介の時間を大幅削減し、作品自慢やレポートに重点をおいて、アレンジしてみました。 「香港漫画の制作現場潜入レポート」は、面白かったですね! わたしも仕事の机はかなり汚い方なのですが、それを超える「汚い机」の連続に、お腹を抱えました。インドネシアからのゲストReONのAndikさんは、まだまだ話し足りない様子で、考える会のことを大変気に入り、感動してました。(突然、わたしが通訳をやることになり、こちらの準備不足で、全てをちゃんとお伝えできず、申し訳ございませんでした。) Andikさんのお話で、インドネシアのコミックマーケティングでは、公式コスプレイヤーの役割が、非常に重要になってきているという部分がありましたが、こちらは2ヶ月ほど前に公開されたReONの公式レイヤーさんたちが演じたMVです。(Andikさんも教師役で出演してます♪) 下は「世界のマンガについてゆるーく考える会 #4」に、参加された方々の感想Twitterです。これから参加したい、ご興味をお持ちの方には、会の雰囲気を感じる参考になるかと思います。また、お知り合いにご紹介いただく際にも、よろしければご活用ください。(T) 11月10日(木)の第4回「世界のマンガについてゆるーく考える会」は、香港漫画店さんによる「香港漫画の制作現場潜入レポート」と参加者が持ち寄ったおすすめ世界マンガ大紹介中心です。海外マンガフェスタの戦利品のお披露目とかもぜひ!https://t.co/qfiUgqzjLU pic.twitter.com/4o0quRRVUW — 原正人(バンド・デシネ翻訳) (@MasatoHARA) 2016年10月31日 今日は、文京区の共同印刷ホールで「世界のマンガについてゆるーく考える会」#4 pic.twitter.com/c42NF9Oy3n — 磯貝和日朗 (@k1db0x) 2016年11月10日 世界のマンガについてゆるーく考える会、初参加だったけど、アメコミ以外の海外マンガも色々あると知れて良かった。世界は広いな。 — アメージング太郎 (@project_Mr_A) 2016年11月10日 世界のマンガについてゆるく考える会でLés Légendaires のプレゼンとかしてきたのです — ty | ryu-yo (@te_igrec) 2016年11月10日 世界のマンガについてゆるく考える会にお邪魔してきました 香港とかインドネシアとかフィンランドとか 広い… 多分意識しないと会わない世界の漫画だ — Atポキ*アイコン〆切 (@atpoki) 2016年11月10日 ところでそんなアメリカの魔法少女まんが「SLEEPLESS DOMAIN」。今日の世界のマンガについてゆるーく語る会で教えてもらった https://t.co/ir55tqJwJ9 — 香港漫画店 店主 (@hkmgmaster) 2016年11月10日 『世界のマンガについてゆるーく考える会#4』香港の漫画スタジオ訪問のレポート、インドネシアの漫画業界の話しが聞けてとても面白かった!国それぞれ漫画事情が異なり面白い!外国人の日本訪問レポ漫画面白そうなの多かったー。会場が共同印刷さんなのちょっと気分盛り上がる! #t_Book_ pic.twitter.com/GxLxt5JTUo — TERA (@Making_noiz) 2016年11月10日 世界のマンガについてゆるーく考える会、行って来ました。とりあえず、家にある手をつけていない、ガイマン賞ノミネート作品を少しずつ読まねば。 — とりめし (@tori_meshi) 2016年11月10日 「世界のマンガについてゆるーく考える会」で紹介したもう一つのフィンランドのヒーローマンガ『THUNDERBOLT』。実は書店販売のマンガでなく、大学で開催された「エネルギーディ」というイベントの無料配布。…というわけで、アメコミなんて目じゃない!潔いほど全編広告だらけ! pic.twitter.com/DIKKVfwxLq — ナカネくん (@u_saku_n) 2016年11月11日 先日の「世界のマンガについてゆるく考える会#4」。自分は『デビルズキャンディ』『スリープレスドメイン』という2作を紹介しました web連載なので本来は物理媒体が無いのだけど、今回「あくまで」紹介用のために出力したものを用意。ちなみに現行連載分の全ページ翻訳・写植済み…(やりすぎ) pic.twitter.com/T6W73XxAzi — クラモチ (@kuramoch) 2016年11月11日 昨日は第4回「世界のマンガについてゆるーく考える会」に参加。ぼくはフィンランドのスーパーヒーローマンガを紹介。 こちらはフィンランドの実在した大統領ウルホ・ケッコネンをめぐる物語。ヒーローが大統領とサウナに入ったり、ナチのゾンビが出てきたり、唐突に剣を携えたサンタが出てきたり! pic.twitter.com/ZwFmnLGrdf — ナカネくん (@u_saku_n) 2016年11月11日

インドネシア発! お掃除女子の憂鬱!? 片づけられないイケメン王子との胸キュン同棲生活―『私と恋するナマケモノ / 1』

主人公のアリンは高校生。学業の傍ら、のんびり屋の母と一緒に下宿屋をきりもりしている。特技は掃除。何もかもがピカピカになっていないと気が済まない、そんな年の割には堅実すぎる乙女。 ある日、彼女の下宿に何の前触れもなく超絶イケメンが舞い降りる。彼の名はアルファン。実はアリンの同級生で、イケメンの上に成績優秀、さらにバスケ部のエースというハイスペックぶり。もちろん学校一のモテ男。当然性格は悪い。 だが、彼には唯一欠点があった。そう、彼は片づけられない男だったのだ。 アルファンの父親はアリンの父親の上司。アルファンのだらしなさにほとほと手を焼いた両親が、アリンのお掃除女子ぶりを聞きつけ、息子の面倒をアリンに押しつけてしまうことにしたのだ。こうして、ひとつ屋根の下、うら若き男女の共同生活が始まる。校内一のイケメン王子の傍若無人な振る舞いに、ことあるごとにイライラ、ドギマギし、翻弄されまくるアリン。どうなるアリン!? いや、これ楽しすぎでしょ。海外の作家が描いた日本マンガっぽいマンガは、日本人からするとどこかしら違和感があるものだが、この作品ではその違和感がいい感じに振り切れている。随所にツッコミポイントがあるのだが、それがマンガとして笑えるようになってるのがすごい。これは翻訳がいいのか、そういう箇所のセリフがまた、読者のツッコミを事前に察知したかのような感じになっていて、思わず笑っちゃうのである。 だが、このマンガは決してギャグマンガではない。『ストップ!! ひばりくん!』とか『らんま1/2』といった居候ものの遺伝子を受け継ぎつつ、隙あらば『君に届け』的な胸キュンまでやってしまおうという、王道的な学園ラブコメマンガなのだ。日本から遠く離れたインドネシアで日本マンガタッチのラブコメが……。と考えると、感動もひとしおな一作である。実際、この作品、最初から最後まで、ニヤニヤ、キュンキュン、オイオイが止まらない、とてもラブコメらしいラブコメなのだ。一応第1巻ということになっていて、続きもあるっぽいが、ストーリーはこれ1巻でもある程度完結している。日本の目の肥えた少女マンガ読み、ラブコメ読みには、絵の粗さが気になってしまうかもしれないが、そこは青田買いくらいの気持ちで、まずは試し読みしてみてはいかがだろう。 レビュアー:原正人 作品紹介 無料試し読み