ガイマン賞2016、投票〆切は11月30日(水)まで!

読者が選ぶ翻訳海外マンガアワード「ガイマン賞」をご存じでしょうか? 2012年に始まり、今年で5回目を数えます。 http://gaiman.jp/ ガイマン賞2016のノミネート作は過去最多の179点。アメコミ、バンド・デシネ、アジアのマンガなど、2015年9月1日から2016年8月31日までに邦訳出版された、世界各国のさまざまなマンガ=ガイマンがノミネートされています。10月1日から始まった投票も、早いものでまもなく〆切となります。 投票〆切は11月30日(水)23時59分59秒。 ガイマン賞2016の投票は、WEBとガイマン賞開催施設である京都国際マンガミュージアム、明治大学 米沢嘉博記念図書館、北九州市漫画ミュージアムの3館で行うことができます。WEBからの投票については、ガイマン賞のブログで詳しく説明されていますので、よくわからないという方は以下をご覧ください。 http://blog.gaiman.jp/post/153349375154/%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%B3%E8%B3%9E2016web%E6%8A%95%E7%A5%A8 ちなみにコミックカタパルトの電子書籍25作品もガイマン賞2016にノミネートされています。ノミネートリストはこちらをご覧ください。 http://gaiman.jp/nominate/denshi/index.html 以下の作品については、このサイトでもレビューしています。 ROCKAT『無名歌』 張季雅『異人茶跡』 常勝『BABY.』 常勝『オールドマン』 MAE『203号室の妖怪さん』 簡嘉誠『時空鐵道之旅(じくうてつどうのたび)』 依歓『緋色の王宮』 リシャール・マラザノ作、クリストフ・フェレラ画『ミロの世界』 ジャン=ダヴィッド・モルヴァン作、ファン・ジャーウェイ画『ZAYA』 ウベルテゥッス・ルフレット作、ヘルゲ・ヴォット作・画『アリスク』 アニサ・ニスフィハニ『私と恋するナマケモノ』 結果は12月上旬に発表されるとのこと。 12月17日(土)には、その結果発表を踏まえ、ガイマン賞2016を振り返るイベントが米沢嘉博記念図書館で行われます。 ガイマン賞2016結果発表! 出演:上位作品関係者、ガイマン賞実行委員会 日時:2016年12月17日(土) 16:00-17:30 場所:米沢嘉博記念図書館 2階閲覧室 料金:無料 ※会員登録料金(1日会員300円~)が別途必要です。 http://www.meiji.ac.jp/manga/yonezawa_lib/archives/t_event79.html はたしてガイマン賞2016の上位に選ばれるのはどの作品なのでしょうか? あなたもぜひ投票して、ガイマン賞に参加してみてください!

mayka

神奈川県出身。大学院博士課程に在籍。フランスのマンガ(バンド・デシネ)を中心とした海外マンガの歴史と、コマ割り表現のある絵本を対象に研究活動をしている。学業のかたわら、子どもの本の作り手を志して修行中。2015年度からガイマン賞の運営に参加。マンガは国内外問わず、まだまだ勉強中。なんでも読みます。 レビュー作品: MAE『203号室の妖怪さん』 簡嘉誠『時空鐵道之旅』