心地よく秘密めいた墓地の日常〜アリスクちゃんのゴースト・パラダイス〜―『アリスク 1 / 秋』

ある夜一人の少女が目を覚ますと、そこは棺の中だった。 そこに寝そべったまま外を見上げると、目の前には大きな墓穴がぽっかり口を開け、遠くの空から雨つぶを飲み込んでいる。 それだけでも不思議でならないのに、墓穴の側で傘をさしてこちらを見下ろす連中が、これまた奇妙な姿をしたヤツばかり。 「やあ お嬢さん!」「ステキな晩だわねぇ」それが彼女に送られた、死者の世界への歓迎の挨拶だった。 冒頭から早くもエンディングを迎えてしまった少女アリスクの人生でしたが、物語はここから始まります。死にたてホヤホヤである主人公、元ティーンネイジャーのアリスクは、突然の死を受け入れられないだけでなく、この時点で生前の記憶が一切ありません。これは新たな死人ライフのスタートにとってかなりの不安材料ですが、不幸中の幸いでご近所さんはみな親切でした。ではここで、死後の世界の先輩にあたる、個性的な墓場メンバー5人を紹介いたしましょう。 『フライング・フリングス』というサーカスの元座長。陽気でおしゃべり、お調子者。空中ブランコから落ちて死亡。 元牧師。その頭に常に火が灯っている事からあだ名がついた模様。火事によって焼死。 片眼鏡をかけた恰幅のよい軍人。派手な軍服の中央には大きな穴ぼこが空いている。敵の罠に落ちて爆死。 みんなにとっての肝っ玉母さん。悲恋のすえ僧院に隠遁し19世紀を生きた。御歳90歳で老衰にて死亡。 400年以上墓場にいる最古の『死者』。言葉を全く発しない。死因も不明。 この墓場の5人に新顔のアリスクちゃんが加わることで、新生墓場シックスを結成。だからといって特にやる事も無いので、墓場シックスの面々は毎日墓石の上でトランプをしたり、チェッカーをしたりしながら思い思いに死後の時間をつぶします。なんで彼らが死んでまで、こんな修学旅行の中坊みたいな事をしているかというと、死神様に原因がありました。 普通死んだ人間の元には魂の回収人がやって来ます。そこから死神様のお裁きを経て『光』か『闇』に送られるのですが、アリスクたちのようなごく一部の死者は結審がすんでいません。そのため墓場の中でくすぶりながら、死神様が仕分け作業を終えるのを待ち続ける事になり、何十年も、時には何百年もモラトリアムな死人ライフを満喫するはめになるのでした。つまり彼らにとっての墓地は、行き場の無い魂の拘置所だったわけです。 そして死神様の命を受けて、この区域を担当しているお役人がこの方。 死神様の伝令官。毎度墓地にやって来ては、みんなと一緒にゲームをして楽しんでいる。 このプロフィールを見て、結審まで400年も待たされている理由が、何となく分かった気がしますね… しかしこのジョー・ラ・フォーさんも一応は死者の世界のお役人なので、墓場の連中にはちゃんと死者らしくさせて、死後の規則を守らせる義務があります。規則は『77の3倍の書』なる本にきちんと明文化されて記されており、内容も『死者は墓場から外へ出てはならない』など大変厳しいもの。 が、墓地があまりに退屈なせいか、はたまたジョー・ラ・フォーさんがナメられているせいか、墓場シックスの面々は、この規則をまったく守るつもりがありません。 こうして見ると死者の生活も割と楽しそうですね。 そんな中、止まった心臓も再起動しちゃいそうな霊感少年ルーベンが登場。アリスクは目の不自由な彼に自分の正体がバレないのをいい事に『死者は霊感のある人間とコンタクトしてはいけない』という、別の規則までも破ってしまいます。しかもルーベンとアリスクの間には何か因縁めいた過去がある様子。さらにはアリスクと仲間達の眠る、古い墓地を再開発しようとする業者が現れて…第一巻の終盤に来て物語は一気にドラマチックな様相を深めて行くのでした。 重々しいまでの彩色で隅々まで塗り込まれた『アリスク』の世界は、それだけでも圧巻の完成度を誇りますが、同時にキャラクターなどの造形にはカートゥーン的な軽妙さがあります。これはピクサー作品のコミカライズ等も担当して来た、作画のヘルゲ・ヴォットの資質による部分が大きいと思われます。 またページのあちこちには、ポップカルチャーとしてのゴシックな意匠がふんだんに施されており、本全体がゴッスゴスなパッケージングをされています。そういった意味でこのアリスクは『レノーア』や『ルビー・グルーム』などのゴスでかわいいキャラクターの系譜にある作品と言えるでしょう。 ドイツ出身の二人の作家が生み出した、21世紀型ドイツゴシック式バンド・デシネ『アリスク』。ダークファンタジーの中にもロマンスとユーモアの溢れる楽しい作品ですので、興味を持たれた方は是非ご一読を。 レビュアー:うしおだきょうじ 作品紹介 無料試し読み

きんぎょ注意報発令! フランス人アニメ作家が描き出す美しき異世界ファンタジー―『ミロの世界 / 1 』

緑に囲まれた湖のほとりにたたずむ一軒の家。木製のテラスから伸びる長い桟橋に一人の少年が立っている。湖面は青い空を鏡の様に写し出しどこまでも静かだ。 少年はおもむろにサンダルを脱ぐと、ひと呼吸。そのまま桟橋の上を一気に駆け抜け、身を躍らせて湖の空に飛び込む。 次の瞬間ぐるんと天地が逆転し、少年が水面から顔を上げると!そこには見た事も無い奇妙な風景が広がっていた。 この1分あまりの短編アニメは1冊のマンガのトレーラーとして公開されました。制作したのは日本在住のアニメーター、クリストフ・フェレラ。 彼が原作のリシャール・マラザーノと共に書き上げたマンガ本編がこの『ミロの世界』です。 物語はこの湖畔の家に住む少年ミロが、湖で金色に輝く何かの卵を見つけて家に持ち帰ったところから始まります。 ミロの食事の面倒は三人のおばがみてくれているものの、父親は仕事が忙しく家には帰って来ません。いくばくかの寂しさを感じながら、ミロはリアル育成ゲームに没頭。 その成果があったか卵は拾った次の日には孵化。黄金に輝く見事な金魚が孵りますが、その明くる日には予想を超えた急成長!タライに収まりきれないほどの巨大魚になってしまうのでした。 ここまでのあらすじを読んで、スタジオジブリの2008年劇場公開作品『崖の上のポニョ』を思い起こされた方も多いでしょう。 ポニョではこの後、金魚がやや魚類系の顔をした可愛い女の子になって「そーすけ、好きぃー!」な展開になるのですが、ミロの場合は幾分用件が違いました。 この金魚を追って現れたのは、魚類系…というよりもむしろインスマス面(!)の不気味な怪人で、それが少年の家の周囲をうろつきだしたのです。 怪人はすでに謎の少女ヴァリアを袋詰めにしてさらっており、あまつさえ空腹まぎれに少女を食べようとしています。 そこにさらにもう一人の怪人まで加わって… 二人の怪人に追いつめられた少年は、金魚に導かれる様に湖のむこうへと船を漕ぎ出すのでした。 美しくも奇妙に閉じた世界だった少年の物語は後半から一変、異世界ファンタジーアドベンチャーへと飛躍します。 湖を襲う突然の大嵐、宙に浮かぶ黄金の魚、湖の向うの異界の人々、有機的なフォルムの建造物が立ち並ぶ村、その村を破壊しにやってくる巨大なウーパールーパー(メキシコサラマンダー)! さらには怪物たちを操る怪しげな魔術師や、三位一体で少年と少女を追うおばたちの存在も加わって、一匹の金魚から始まった物語はいよいよ謎を深めて行きます。 フランス語版では間もなく四巻目がリリースされる『ミロの世界』。全編にわたって展開される美しい背景美術と躍動感に溢れるキャラクターは、見るだけで楽しくなる魅力にあふれてます。 バンドデシネ(フランス語圏のマンガ)独特の読みにくさのない軽快な作品ですので、子供から大人まで全ての方にお勧めです。 レビュアー:うしおだきょうじ 作品紹介 無料試し読み

台湾発、新感覚の妖怪マンガ『203号室の妖怪さん』。夜の高校を妖怪たちが跋扈する!

妖怪が見える以外はごく普通の高校生・鳴(ミン)は、ある日、教室に忘れた宿題を取りに夜の学校に忍び込む。二年三組の教室に入ると、そこには我が家のようにくつろぐ妖怪の姿が……。 何も見なかったことにして逃げ帰った鳴だが、次の日から二年三組(203号室)に住む妖怪・孰湖(ジュクコ)と、隣の教室に住む酸與(サンヨ)の二人につきまとわれることに。 鳴は平和な高校生活を取り戻すため、妖怪たちのわがままに付き合うことに。ちょっと噛み合ない、人間と妖怪の不思議な交流が始まった……。 日本でも妖怪をテーマにしたマンガは新旧問わずたくさん出版されているが、この作品に出てくる妖怪はひと味ちがう。中国の奇書『山海経』に記された妖怪が登場するのだ。『山海経』は古代中国の地理書だが、妖怪や神々の記述も含まれており、中国神話の基礎資料となっている。日本の作品では、小野不由美の人気小説シリーズ「十二国記」が『山海経』をモチーフにしている。 『山海経』の妖怪をどう擬人化しているのかが、この作品の見所だ。たとえば、準主人公の孰湖は人・馬・鳥・蛇の四形を一身に持つ妖怪だが、巨大な蛇の尻尾と鱗を持つ青年というだいぶマイルドな姿形に描かれている。それに対して酸與は四枚の翼と六つの目を持つという設定だが、髪先が翼のように描かれているだけかと思いきや、頭の複数の目を開いておどろおどろしい姿になることも可能というギャップが面白い。 冒頭にはこの二人と一匹しか登場しないが、物語が進むと、他の妖怪たちも登場する。どんな妖怪が描かれているのかは、ぜひ本編で確認してほしい。 妖怪たちは日本の妖怪とだいぶ違うが、物語の舞台となる高校での学校生活は、部活もあり、掃除の時間もありと日本のそれとあまり変わらない。日本の読者も違和感なく入りこめるだろう。 基本的には、自由奔放な妖怪たちと、彼らに振りまわされる鳴のドタバタ劇が繰りひろげられる本作だが、種族の違いから来る擦れちがいや、妖怪が見えるという特異体質から周囲の人間と距離を感じる鳴の孤独、といったシリアスな側面も描かれる。特に終盤には、思わずホロリとくる展開もあり、一冊完結とはいえ、読み応えのある作品となっている。  レビュアー:mayka 作品紹介 無料試し読み

圧倒的画力の台湾人作家常勝が贈るアクション系歴史ファンタジー『オールドマン』。年老いた奇術師と義足義手の女戦士が不老の女王に挑む!

17世紀イギリスを思わせるとある国。女王が君臨する王宮の牢獄に、ある年老いた男が投獄されている。どうやら彼は重い罪を犯した重罪人であるらしい。独房を見回りにきた大臣に老人が語る。 「この蟻一匹抜け出せぬ王宮の牢獄から… 次の満月の夜跡形もなく消え去ってみせよう…」 満月の夜、女王その人と衛兵たちが老人の独房を取り囲む。老人の口から女王に向けて発せられた言葉は、驚くべきものだった。 「母上…」 老人の娘と見まごうべき女王が、老人の母親だというのだ。 彼らの間にかつて何があったのかは定かでない。しかし、老人によれば、女王は他者の若さを奪い取り、不老の女王となったのだという。彼は、女王がいずれ代償を払うことになると告げると、鉄格子をすり抜け、予告通り、牢獄から跡形もなく姿を消してしまう……。 もぬけの殻の独房の中に抜け穴を見つけ、慌てふためく衛兵たち。さてはこの抜け穴から脱獄したのか!? 扉の鍵をかけることすら忘れ、衛兵たちが忽然と姿を消した老人を探しに出かけると、老人は内側から扉を開け、悠然と独房の外へと抜け出す。ビリー・オールドマン、奇術師。それが老人の正体だった。 ビリー・オールドマンの目的は女王に復讐を果たすこと。彼は、手足を切断されたまま独房に入れられ、彼と同じくらい強い復讐心を女王に抱く女戦士レベッカを助け出し、ついに王宮の外へと逃れる。やがて彼らは、画家であり、医師であり、人体解剖師であり、発明家であるヴィンセント、そして予言者の少女ナイロを仲間に加え、女王に対して反逆の狼煙をあげる……。 ということで、今回紹介するのは、台湾のマンガ家常勝の『オールドマン』第1巻。台湾のマンガ家と言えば、1990年代に『モーニング』で活躍していた『東周英雄伝』の鄭問(チェンウェン)を思い出す人もいるかもしれない。あの筆遣いは今見ても衝撃。知らない人がいたら一度見ておいたほうがいい。台湾という土地柄と関係があるのかないのか、今回紹介する常勝も凄まじい技量の持ち主。この絵はどこから来たのだろうと思っていたら、1977年創刊のアメリカの雑誌『ヘヴィー・メタル』に影響を受けたのだとか。『ヘヴィー・メタル』と言えば、あのメビウスなども創刊に関わったフランスの雑誌『メタル・ユルラン』のアメリカ版として、日本マンガの多くの巨匠たちにも衝撃を与えた伝説的な雑誌。なるほど、この重厚な画面はそこから来たのか。白黒の本文も十分すごいが、表紙や各章扉はもはや超絶技巧レベルである。 この巻の白眉は、何と言っても女戦士レベッカ! どんな罪を犯したのか、手足を切断され、ダルマ状態で投獄された絶世の美女。差し伸べられたオールドマンの救いの手に噛みつく勝気さがまたいい。オールドマンに連れられ脱獄に成功すると、医師でもあり、発明家でもあるヴィンセントの助けを借り、彼女は機械の手足を手に入れる。こいつが「筋肉の代わりにエアバッグを入れ関節には火薬を仕込ん」だという代物。機械仕掛けの「戦いの女神(ワルキューレ)」として生まれ変わったレベッカの、文字通り人間離れした爽快なド派手アクションについては、実際にページをめくって堪能していただきたい。 ビリー・オールドマンと女王の間にかつて何があったのか? オールドマン一行を何が待ち受けているのか? 物語はまだ始まったばかりである。 レビュアー:原正人 作品紹介 無料試し読み 【告知】2016年10月23日海外漫画フェスタ来日予定! 同じ作家の作品:『BABY. / 1』