偽装宦官少年vs偽装宦官少女? 偽りと倒錯の後宮へようこそ―『緋色の王宮 / 1 ―蝶の夢―』

戚(せき)国で貧しい生活を送る陵鈺(りょうぎょく)は、父母もなく、兄と二人暮らし。陵鈺が少女に身をやつし、奴隷商人に身売りするふりをして、金を騙し取ることを生業としている。 そんなある日、いつも通り奴隷のふりをしていると、彼らは、戚(せき)国に囚われの身となっている淀(でん)国の王子、珣(じゅん)と出会う。珣は、気位こそ高かったが、何やかやと尽くしてくれる陵兄弟に感謝の念を抱く。 やがて、淀国の王が死に、珣がその跡を継ぐことに。珣は母国に陵兄弟を連れて行こうとするが、兄は生まれ故郷である戚国に留まることを決意する。しかし、弟の陵鈺は、珣が自尊心を捨ててまで、自分の同行を求めていることを感じ取り、彼についていく決意をする。若干13歳で戚国王位を継いだ珣は、その3年後、戚国を滅ぼすことになる。 それからさらに3年。珣(じゅん)が淀(でん)国の王に就いて6年が経とうとしていた。今や珣は暴君として誰もが怖れる存在に。陵鈺(りょうぎょく)はと言えば、敵国戚の生まれでありながら、王に対して忠誠を誓うことを示すために宦官となり、王宮の二人の実力者の内のひとり「少府」として、絶大な権力を握っていた。噂では王はもはや珣の言葉しか聞かないというほど。 そして、もうひとりの実力者が、「王后少府」を務める名門「景(けい)家」の淵人(えんじん)。やはり宦官である。 淵人は、淀国における景家の地位を盤石なものにすべく、一族の末娘、寧湖(ねいこ)を王后にすべく、一計を案ずる。それは、周囲の目を逸らすために、寧湖をまずは宦官として後宮に迎え入れ、王に近づく機会をうかがうというものであった。 かくして、寧湖は、少女の身を宦官と偽り、後宮を牛耳る少府陵鈺(りょうぎょく)と王后少府淵人(えんじん)の権力闘争に巻き込まれることになる。ところが、鋭い感を持つ陵鈺は、やがて、寧湖の正体に気づいてしまったらしい。一族のためにと、危険を顧みず性を偽り後宮に入り込んだ寧湖は、思わぬピンチを迎える。ところが、やがて読者は驚くべき事実を知ることになる。陵鈺もまた宦官ではなく、正真正銘の男だったのだ。その事実を知った陵鈺の親侍は、陵鈺の手で廃人にされてしまう。そして、陵鈺は新しい親侍として、寧湖を指名することになるのだった……。 つーことで、なかなか複雑な設定の本作『緋色の王宮 / 1 ―蝶の夢―』。最大の見どころは、偽装した宦官である少府陵鈺(りょうぎょく)と、そのライバル淵人(えんじん)が送り込んだ、やはり偽装した宦官である寧湖(ねいこ)の絡み。豪華絢爛な後宮を舞台にしたトランスベスティズム(異性装)の饗宴。宦官たちのところにフツーの女と男が入り込んでいるもんだから、「あ、見えちゃいそう」とか「あ、触っちゃダメ」とか、ハラハラドキドキの連続。陵鈺は寧湖が女であることに気づいてるっぽいけど、寧湖はまだ陵鈺が男であることには気づいていないっぽい。身分の違いもあり、当然寧湖のドキドキは高まるばかり。そんな寧湖に陵鈺がいろいろとちょっかいを出す……。幼い頃、あんなにいい子だった陵鈺は、今やすっかり妙な色香を漂わせたミステリアスな偽宦官となり、後宮で暴虐の限りを尽くし、寧湖を翻弄するという構図。そういや陵鈺は、いいヤツだったとはいえ、幼い頃から既に、女装して奴隷商人から金を巻き上げるようなヤクザな男でもあったんだっけ。危うく騙されるところであった。 それにしても、何だって陵鈺は宦官のフリを? 今のところ、偽装宦官は陵鈺と寧湖だけだが、実は他にもいたりして? つーか王は若かりし頃の姿しか描かれてないが、どんなヤツになっちゃってんの? そういや、陵鈺の兄ちゃん、今ごろ何してっかなー? そして、寧湖たんの操やいかに!? 肝心要なことはまだ1巻では明らかにされてはいない。続きが気になってもやもやするが、これってちゃんと2巻出んの? レビュアー:原正人 作品紹介 無料試し読み

圧倒的画力の台湾人作家常勝が贈るアクション系歴史ファンタジー『オールドマン』。年老いた奇術師と義足義手の女戦士が不老の女王に挑む!

17世紀イギリスを思わせるとある国。女王が君臨する王宮の牢獄に、ある年老いた男が投獄されている。どうやら彼は重い罪を犯した重罪人であるらしい。独房を見回りにきた大臣に老人が語る。 「この蟻一匹抜け出せぬ王宮の牢獄から… 次の満月の夜跡形もなく消え去ってみせよう…」 満月の夜、女王その人と衛兵たちが老人の独房を取り囲む。老人の口から女王に向けて発せられた言葉は、驚くべきものだった。 「母上…」 老人の娘と見まごうべき女王が、老人の母親だというのだ。 彼らの間にかつて何があったのかは定かでない。しかし、老人によれば、女王は他者の若さを奪い取り、不老の女王となったのだという。彼は、女王がいずれ代償を払うことになると告げると、鉄格子をすり抜け、予告通り、牢獄から跡形もなく姿を消してしまう……。 もぬけの殻の独房の中に抜け穴を見つけ、慌てふためく衛兵たち。さてはこの抜け穴から脱獄したのか!? 扉の鍵をかけることすら忘れ、衛兵たちが忽然と姿を消した老人を探しに出かけると、老人は内側から扉を開け、悠然と独房の外へと抜け出す。ビリー・オールドマン、奇術師。それが老人の正体だった。 ビリー・オールドマンの目的は女王に復讐を果たすこと。彼は、手足を切断されたまま独房に入れられ、彼と同じくらい強い復讐心を女王に抱く女戦士レベッカを助け出し、ついに王宮の外へと逃れる。やがて彼らは、画家であり、医師であり、人体解剖師であり、発明家であるヴィンセント、そして予言者の少女ナイロを仲間に加え、女王に対して反逆の狼煙をあげる……。 ということで、今回紹介するのは、台湾のマンガ家常勝の『オールドマン』第1巻。台湾のマンガ家と言えば、1990年代に『モーニング』で活躍していた『東周英雄伝』の鄭問(チェンウェン)を思い出す人もいるかもしれない。あの筆遣いは今見ても衝撃。知らない人がいたら一度見ておいたほうがいい。台湾という土地柄と関係があるのかないのか、今回紹介する常勝も凄まじい技量の持ち主。この絵はどこから来たのだろうと思っていたら、1977年創刊のアメリカの雑誌『ヘヴィー・メタル』に影響を受けたのだとか。『ヘヴィー・メタル』と言えば、あのメビウスなども創刊に関わったフランスの雑誌『メタル・ユルラン』のアメリカ版として、日本マンガの多くの巨匠たちにも衝撃を与えた伝説的な雑誌。なるほど、この重厚な画面はそこから来たのか。白黒の本文も十分すごいが、表紙や各章扉はもはや超絶技巧レベルである。 この巻の白眉は、何と言っても女戦士レベッカ! どんな罪を犯したのか、手足を切断され、ダルマ状態で投獄された絶世の美女。差し伸べられたオールドマンの救いの手に噛みつく勝気さがまたいい。オールドマンに連れられ脱獄に成功すると、医師でもあり、発明家でもあるヴィンセントの助けを借り、彼女は機械の手足を手に入れる。こいつが「筋肉の代わりにエアバッグを入れ関節には火薬を仕込ん」だという代物。機械仕掛けの「戦いの女神(ワルキューレ)」として生まれ変わったレベッカの、文字通り人間離れした爽快なド派手アクションについては、実際にページをめくって堪能していただきたい。 ビリー・オールドマンと女王の間にかつて何があったのか? オールドマン一行を何が待ち受けているのか? 物語はまだ始まったばかりである。 レビュアー:原正人 作品紹介 無料試し読み 【告知】2016年10月23日海外漫画フェスタ来日予定! 同じ作家の作品:『BABY. / 1』